楓整骨院blog

~健康な身体の為に、知識を入れれば意識が変わる~

健康

冷え性、むくみを慢性化させないために

投稿日:

冷え性やむくみは冬だけのものではなくて、ほぼ一年中抱える悩みと言えるでしょう。

特に冷えは夏になると自覚しづらくなりケアを怠ってしまうこともあるので、特に注意が必要です。

一年を通じて冷えにくい、そしてむくみにくい体作りを習慣にしていきましょう。

1.冷えとむくみが起こる主な原因

1-1.長時間同じ姿勢でいる

仕事で一日中座りっぱなし、または立ちっぱなしでいると血流が滞り、下半身に水分がたまりがちです。

一日の終わりには足が重くだるい感じがする、履いている靴がきつく感じる、ストッキングや靴下のゴムの跡が残っているなどはよくあるむくみのサインです。

1-2.運動不足

運動不足は冷えやむくみにも影響します。

体を動かして汗を流す機会が減ると体内の老廃物が貯まりやすくなり、血流も滞って体の末端まで血液が流れず冷えの原因になります。

また、脚の筋力が低下すると下半身の血液が心臓に戻りにくくなり、これもまた冷えやむくみの原因になります。

長時間同じ姿勢を取り続けること、運動不足気味の生活を改善することが慢性化を防ぐ第一歩になるでしょう。

2.まずはすき間時間にできることから

ほんの少しの時間でもこまめに行うことで無理なく習慣づけていきましょう。

冷えやむくみを自覚する前に行うようにするのがポイントです。

椅子に座ったまま片脚を前に伸ばし、ふくらはぎの筋肉も使っていることを意識しながら足首を回したり、つま先を伸ばす・すねの方に向けるを繰り返します。

脚を伸ばし続けるのが難しい時は膝を曲げてもOK。

Photo by Yoga Journal US

両腕を上げる代わりに手を壁につけてランジのポーズを。

リンパが集中する鼠径部(足の付け根)と膝裏を同時に刺激して老廃物の排出を促します。

手で壁をしっかり押してふくらはぎをストレッチしましょう。

3.まとまった時間が取れるならヨガ

全身を動かす太陽礼拝は回数や強度を選べるので運動不足の解消におすすめです。

太陽礼拝に含まれる板のポーズ(プランク)では体幹を、下向きの犬のポーズ(ダウンドッグ)ではふくらはぎを使うので筋力アップの助けにもなるでしょう。

動きを繰り返すことで血行が良くなり全身が温まっていくのを感じられます。

他のポーズをする時間がなければ数回の太陽礼拝だけでも良いので、ぜひおうちヨガの一環として取り入れてみましょう。

4.まとめ

冷えやむくみは数日であっという間に改善できるものではなく、日ごろの生活習慣に気をつけながら気長に行うことが大切です。

冷えやむくみを敏感に感じやすい寒い今だからこそ習慣づけのチャンス。

短い時間でも良いのでこうしたストレッチやヨガを取り入れていけば夏の冷えにも備えることができ、慢性化防止にもつながるでしょう。症状に悩んでいる方はぜひ始めてみてください。

-健康

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

腸を元気にする生活習慣4選

健康の為にしなくてはいけないことは腸内環境を整えることです。 立ち方や歩き方など、腸のために日常生活で心がけたいことを紹介します。   目次1.身体の歪みが腸内環境を悪くする2.血流をよくする壁立ち3 …

瞑想の効果とおすすめの理由

現代社会は多くの情報に溢れ、それを手軽に手に入れられる時代になりました。 しかし、基本的な幸せや、生き方はそこまで変わらないようにも思えます。 情報を素早く取り入れ、どんどん駆け上がっていく人もいれば …

膝が壊れる走り方

ランニングを始める方は年々増加傾向にあります。 健康志向が高まり、生活習慣病の予防や肥満の解消、はたまたストレス解消など、運動にはメリットがたくさんあるので増加傾向になることは大変喜ばしいことです。 …

バナナの皮の効果的な使い方

バナナの皮は、嫌いな相手を滑って転ばすためだけのものではありません。 実はとても栄養素の高い食べ物なんです。 そうは言っても皮はちょっと食べにくいですよね(;^ω^) バナナの皮は焼いたり天ぷらにする …

胎児にいい葉酸というビタミン

葉酸って何?っていう方も多いかと思います。 妊娠出産を経験されてる方なら知っていると思いますが、タイトルにもある通り胎児に欠かせない成分なんです。 しかし、妊娠したら取ればいいって思ってる人は要注意! …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。