楓整骨院blog

~健康な身体の為に、知識を入れれば意識が変わる~

腰痛

腰痛予防におすすめの食材

投稿日:

なんと、食事を改善することで腰痛を予防することもできるというのです。

あくまで予防ですので改善ではないことにご注意ください。

それでは腰痛予防におすすめの食材についてご紹介します。

1.腰痛予防におすすめの栄養素とその食材

 腰痛予防を期待できる食事として、まず骨をしっかり作るためにタンパク質とカルシウム、さらにマグネシウム・リンなどのミネラル類をバランスよく摂ることが大切です。

1-1カルシウム

〈多く含まれる食べ物〉
牛乳・ヨーグルト・チーズ・干し海老・ししゃも・いわし・大豆製品・緑黄色野菜など
〈一口メモ〉
動物性のカルシウムはカラダにとり込まれやすいのですが、カロリーや脂質が高いことも。野菜からカルシウムを摂るときはレモンやぽん酢、お酢などクエン酸を含むものと一緒に食べると吸収率が高まります。

また魚からカルシウムを摂る時は、内臓に含まれるビタミンDがカルシウムの吸収を後押ししてくれます。

乾燥のかたくちいわしを酢の物に混ぜてもいいです。

1-2.マグネシウム

〈多く含まれる食べ物〉
かつおやいわしなどの魚介類・海藻類・野菜・豆乳・納豆などの豆類・アーモンドやごまなどの種実類など
〈一口メモ〉
玄米も白米に比べて3倍も多くマグネシウムを含んでいます。

主食を雑穀やライ麦パンなど精度の低い穀類を利用すると、マグネシウムを無理なく摂ることができます。

1-3.ビタミンE

〈多く含まれる食べ物〉
かぼちゃなどの緑黄色野菜・サーモン・ハマチ・アーモンド・ピーナッツ・ひまわり油・綿実油など
〈一口メモ〉
筋肉の周りの血流を良くしてくれます。

ビタミンEは油に溶ける性質があるので、炒め物にすると吸収率が上がります。

1-4.リン

体内のリンの8割がカルシウムとくっついてリン酸カルシウムという形で骨や歯の成分になっており、リンとカルシウムのバランスが崩れると、骨がもろくなってしまいます。

リンはカップラーメンなどの加工食品や清涼飲料水に多く含まれているので、これらの摂りすぎにはご注意を。

2.まとめ

最後に、食事も大切ですが、普段からの運動も大切です。

腰痛を予防するには筋肉を柔軟に保つことが必要です。

入浴で血行をよくしたら、ストレッチや体操で筋肉を柔らかくして腰痛予防を心がけましょう。

-腰痛

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

はがトレ

目次はがトレとは1.痛みや不調の原因は皮膚にあった2.はがトレの方法2-1.肩の端の皮膚をはがす2-2.筋肉をほぐす3.はがトレの方法②3-1.太もも裏側の皮膚をはがす3-2.太ももの裏側の筋肉をほぐ …

腰痛を再発しないための正しい知識

目次1.一番怖いのは慣れ2.そもそもなんで腰が痛くなるのか3.腰の痛みを改善するには4.なぜ腰痛は再発するの? 1.一番怖いのは慣れ 日本人の国民病ともいえる腰痛、お悩みの方も多いと思います。 ひとこ …

キレイな背骨のS字ラインの為に

まず、背骨は緩く湾曲していて横から見るとS字になっています。 このS字が衝撃を吸収してくれるおかげで、身体や脳へのダメージから守ってくれています。 しかし、そのS字の湾曲が大きくなり過ぎることによって …

睡眠不足は認知症やうつ病のリスクを高める

みなさん十分な睡眠はとれてますか?   目次1.そもそも睡眠はなぜ重要なんでしょう?2.睡眠不足はうつ病の発症リスクも高める3.睡眠不足は食欲を増すという研究結果4.睡眠不足は腰痛・肩こりの原因5.十 …

ぎっくり腰を長引かせない方法

魔女の一撃といわれる激しい痛みをもたらすぎっくり腰ですが、ぎっくり腰になったら、しばらく安静にするということがこれまでの常識とされてきました。 ところが、複数の研究で、過度の安静は治りを悪くすることが …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。