楓整骨院blog

~健康な身体の為に、知識を入れれば意識が変わる~

腰痛

腰痛予防におすすめの食材

投稿日:

なんと、食事を改善することで腰痛を予防することもできるというのです。

あくまで予防ですので改善ではないことにご注意ください。

それでは腰痛予防におすすめの食材についてご紹介します。

1.腰痛予防におすすめの栄養素とその食材

 腰痛予防を期待できる食事として、まず骨をしっかり作るためにタンパク質とカルシウム、さらにマグネシウム・リンなどのミネラル類をバランスよく摂ることが大切です。

1-1カルシウム

〈多く含まれる食べ物〉
牛乳・ヨーグルト・チーズ・干し海老・ししゃも・いわし・大豆製品・緑黄色野菜など
〈一口メモ〉
動物性のカルシウムはカラダにとり込まれやすいのですが、カロリーや脂質が高いことも。野菜からカルシウムを摂るときはレモンやぽん酢、お酢などクエン酸を含むものと一緒に食べると吸収率が高まります。

また魚からカルシウムを摂る時は、内臓に含まれるビタミンDがカルシウムの吸収を後押ししてくれます。

乾燥のかたくちいわしを酢の物に混ぜてもいいです。

1-2.マグネシウム

〈多く含まれる食べ物〉
かつおやいわしなどの魚介類・海藻類・野菜・豆乳・納豆などの豆類・アーモンドやごまなどの種実類など
〈一口メモ〉
玄米も白米に比べて3倍も多くマグネシウムを含んでいます。

主食を雑穀やライ麦パンなど精度の低い穀類を利用すると、マグネシウムを無理なく摂ることができます。

1-3.ビタミンE

〈多く含まれる食べ物〉
かぼちゃなどの緑黄色野菜・サーモン・ハマチ・アーモンド・ピーナッツ・ひまわり油・綿実油など
〈一口メモ〉
筋肉の周りの血流を良くしてくれます。

ビタミンEは油に溶ける性質があるので、炒め物にすると吸収率が上がります。

1-4.リン

体内のリンの8割がカルシウムとくっついてリン酸カルシウムという形で骨や歯の成分になっており、リンとカルシウムのバランスが崩れると、骨がもろくなってしまいます。

リンはカップラーメンなどの加工食品や清涼飲料水に多く含まれているので、これらの摂りすぎにはご注意を。

2.まとめ

最後に、食事も大切ですが、普段からの運動も大切です。

腰痛を予防するには筋肉を柔軟に保つことが必要です。

入浴で血行をよくしたら、ストレッチや体操で筋肉を柔らかくして腰痛予防を心がけましょう。

-腰痛

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

反り腰とは

反り腰とは、骨盤が前傾し腰のカーブが大きくなってしまっている状態の事をいいます。 背中は一般的にS字にカーブを描いていますが、そのカーブが強くなっている状態です。 骨盤が前に倒れることで重心が前に傾き …

親指とんとん

まず初めに、鍼灸と聞くと皆さんは何を思い浮かべますか? 鍼(はり)を身体に刺して痛みを取ったり、内臓の治療までしてくれるというイメージでしょうか? ちなみに足の裏に鍼を刺して逆子を治す技術まであるみた …

チルする?チルアウト!

腰痛、肩こり、寝違え(首こり)。 そのほとんどが骨格の歪みからきています。   なぜ身体は歪んでいくのでしょうか。 それはストレスです。 人間はストレスを感じると、そのストレスから解放されたくなります …

腰痛の原因とメカニズム

腰痛は80%の人が人生で一度は経験すると言われているそうです。 目次1.腰痛のメカニズム2.腰痛の原因3.腰痛がでたら病院に行くタイミングは 4.腰痛が出たときのセルフケアと早期回復法 5.腰痛を予防 …

身体の歪む原因が意外

前回の記事で、結論、身体が歪んでいるから腰痛が起こる!と書かせて頂きました。   目次1.なぜ身体は歪んでしまうのでしょう。2.まとめ 1.なぜ身体は歪んでしまうのでしょう。 前回も少し触れましたが、 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。