楓整骨院blog

~健康な身体の為に、知識を入れれば意識が変わる~

スポーツ

有酸素運動が苦手な方へ

投稿日:

温かいお風呂はおよそ4,000年前に古代エジプト人たちの時代から利用されてきました。

今日ではお風呂はセルフケアやロマンスのイメージが思い起こされることもあるかもしれないが、パイプから流れ出される温かいお湯にただつかることは、健康全体にとって驚くべきメリットがあると知られています。

近年研究をリードしてきたコベントリー大学の調査員たちは、温かいお風呂は多くのエアロビクス運動同様のメリットがあることを発見しました。

温かいバスタブにつかるヒートセラピーは、体温上昇や血流改善につながり、結果血圧を下げたり、血糖のコントロール、さらには炎症すら減少させることが判明。

同様にフィンランドで行われた研究では、1週間に4-7回サウナセッションを行った中年男性は、1週間に1回しか行わなかった人たちに比べて、致死性循環器疾患のリスクを50%減少することが判明しています。

また、ヒートセラピーが抗うつの役割を果たし、また認知症のリスクも減少させることが判明しています。

ただ、そのメリットはたしかに注目すべきではあるものの、健康面では、言うまでもなく温かいお風呂より、当然エクササイズの方が上回ります。

お風呂につかると活力が出てくると感じるかもしれないけれど、筋肉やパワーが構築されたり、体重減少につながるわけではありません。

そういったお風呂のメリットを享受するためにベストなのは約40度のお風呂に1時間、肩までつかることだそうです。

これはきつい。

そして、入浴で健康的になれるかもしれない一方、こういった熱さではめまいや失神、脱水症状などのリスクも伴うため、医療的なアドバイスを求めるべきでしょう。

-スポーツ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

クリエイティブ思考はウォーキングで磨かれる

「なぜかぼーっとしてしまう」「集中力が続かない」という仕事のパフォーマンスの低下は、身体に残った疲れが原因です。 疲れた状態では脳を働かせるクリエイティブな仕事が出来ません。 トップアスリートのトレー …

ふくらはぎが第2の心臓

テレビで健康番組なんかを見ていると、たまにこんな特集をやってることがあります。 ふくらはぎが第2の心臓? 一体どうゆう事なのか。 ここで詳しく解説していきます。   目次1.心臓とは2.むくみについて …

肩こりの原因と肩甲骨の関係

今日はワンポイントアドバイス! 特に 1.デスクワーク 2.運動をしていない 3.運転時間が長い そんな人は是非読んでほしいですね、 上記3項目は肩コリになりやすい人の生活習慣です。   目次1.肩の …

初動負荷トレーニングの初動のメリット

目次1.初動負荷トレーニングとは2.脳と筋肉の関係3.パフォーマンスの8割は初動で決まる4.運動効果も初動で決まる5.まとめ 1.初動負荷トレーニングとは 神経と筋の協調性や相互作用を高めて、しなやか …

筋トレが身体と精神に与えるメリット

筋トレと聞くと、「男の人が強くなる為にするもの」だとか、「スポーツ選手が身体能力を高めるための」とか、「女性がきれいに痩せるため」と思っている人が一般的ではないでしょうか。 しかし、筋トレの効果を深掘 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。