楓整骨院blog

~健康な身体の為に、知識を入れれば意識が変わる~

腰痛

ぎっくり腰を長引かせない方法

投稿日:

腰痛解消コース」初回お試しキャンペーン!!|小岩駅徒歩4分!肩こり・後遺症・骨盤矯正はこいわ整骨院

魔女の一撃といわれる激しい痛みをもたらすぎっくり腰ですが、ぎっくり腰になったら、しばらく安静にするということがこれまでの常識とされてきました。

ところが、複数の研究で、過度の安静は治りを悪くすることが明らかになっています。

とくに4日以上、ベッドで安静にしているとかえって腰痛が長引いたり、再発しやすくなったりすることがわかってきているのです。

1.ぎっくり腰を治すには動くことが大切

ぎっくり腰を発症した後、3カ月以上痛みが続いた人の割合を調べたところ、安静を指示された人では3割でしたが、動くことを指示された人ではなんとゼロという結果でした。

さらにその後、腰痛が再発した率は安静を指示された人では5割以上に上ってしまいましたが、動くことを指示された人では2割にとどまりました。

ぎっくり腰を早く治し、再発をくり返さないためには過度の安静は禁物であり、不安がらずに無理のない範囲で動くことが大切なのです。

現在では西洋諸国の多くの腰痛診断のガイドラインで、「ベッドでの過度な安静は指示すべきではない」といった内容が記載されており、日本でも痛みに応じて活動性を維持することが推奨されているそうです。

2.ぎっくり腰の対処法・急性期

Lrvel1

うつぶせになり、3~5分深呼吸する(腰からおしり、足にかけて痛みが響いたら中止)

Lrvel2

クッションを胸の下にあて、3分深呼吸する

徐々に良くなってきたら、3日目以降はそらす負荷を少しずつ上げていき、ひじを伸ばして腕立て伏せができるポジションを目標に、背中をそらしていきましょう。

Lrvel3

上体を起こし、深呼吸しながら背中をさらにそらし、元に戻るのを10回繰り返す

Lrvel4

さらに腕立てふせをするポジションまで上体を起こし、深呼吸しながら背中をそらし、元に戻るのを10回くり返す

ぎっくり腰の急性期にはこのような対処をし、その後は、無理のない範囲で動くように心がけてください。

-腰痛

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

日本人は右利きが多いから、左腰が痛くなる

日本人の右利きの人の割合は90%とも言われています。 そして、右手で箸を持つ方はだいたい右足でボールを蹴ります。 右足でボールを蹴るということは左足を軸にして体重を乗せているということです。   また …

腰痛を治すトゥルースリーパー

日本に3000万人いるといわれている腰痛患者。 そのほとんどが治療をしても良くならない慢性の腰痛患者です。 治療をしているのにも関わらず、一体なぜ良くなっていかないのでしょう。   その原因は睡眠にあ …

整体師が使っているトゥルースリーパーの感想

腰痛、肩こり、寝違え、関節痛にいたるまで睡眠が大きく関わっています。 睡眠時間がいつもより30分短くなるだけで人は腰痛を感じやすくなります。 また、寝具が合わない状態で寝ていると身体が歪み、それがすべ …

温湿布、それとも冷湿布?そしてロキソニンテープ

患者さんから寝違えた時は冷やした方がいいの?温めたほうがいいの?と聞かれることがあります。 腰痛の時は?捻挫の時は?   目次1.冷湿布2.温湿布3.まとめ 1.冷湿布 答えは全て冷湿布です。 原因や …

腰痛予防のコルセットは逆効果な時もある

現代日本人の約2800万人が発症している「腰痛」のうち、2~3%が「椎間板ヘルニア」だと言われています。 目次1.高反発の寝具はいいのか2.横向き寝は睡眠時無呼吸症候群の予防にもなる3.腰痛予防のため …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。