楓整骨院blog

~健康な身体の為に、知識を入れれば意識が変わる~

健康 整骨院

コーヒーの賛否をまとめてみました

投稿日:2020年3月27日 更新日:

僕は毎日コーヒーを飲んでいます。(^^♪

実際、身体に良かろうが悪かろうが飲み続けると思うんですが、結構コーヒー健康論はどっちの意見も多いのが現状ですよね。

ここでまとめていきたいと思います。

 

目次

1.コーヒーが身体にいい理由

コーヒーにはポリフェノールの一種であるクロロゲン酸という成分が含まれています。

このクロロゲン酸には抗酸化の作用がありこれがコーヒーの最大の効果と言われています。

抗酸化とはつまりアンチエイジングです。

人間が活動すると活性酸素という化合物が発生します。

この活性酸素が老化や病気の原因となっているんです。

クロロゲン酸はこの活性酸素の発生を抑制する作用があり、結果、アンチエイジングや病気の予防につながるという事です。

具体的には心臓病や脳卒中といった死に直結するような病気の予防をしてくれて、死亡リスクを下げてくれるんです。

がんの抑制や糖尿病の予防などにも効果があるという研究結果もあります。

コーヒーいいじゃん(^^♪

そして皆さんご存知カフェインです。

カフェインは覚醒作用、解熱・鎮痛作用があり眠気の解消や頭痛を緩和してくれます。

その他、脂肪細胞に入り込み脂肪の燃焼を早めてくれたり、脳に入り込み記憶力や運動能力の向上もしてくれます。

コーヒーの香りはストレスの緩和もしてくれます。

結局いいことずくめやないかい(;^ω^)

では、コーヒーが身体に良くないという人の主張は何なのでしょう。

 

2.コーヒーが身体に悪い理由

それがカフェインの過剰摂取です。

カフェインの血中濃度が高まると中枢神経を刺激してしまい、めまいや吐き気、食欲不振、心拍増加、興奮などを引き起こしてしまいます。

しかし、これは過剰摂取した場合です。

1日に2~3杯であれば問題ありません。

次に、心筋梗塞のリスクをあげるという人がいます。

これはおかしいですよね(;^ω^)

コーヒーが身体にいい理由の方で心臓病の予防になるということを紹介しました。

実はこれ、コーヒーに入れる砂糖やミルクが心筋梗塞のリスクをあげていたんです。

なので、ブラックで飲めば心筋梗塞のリスクはありません。

他の意見はここで議題に出すまでもなく知識不足の方がただ騒いでるように感じますね(;^ω^)

つまり、ブラックコーヒーで過剰摂取にならなければ、コーヒーは身体にいい飲み物だという事です。

結論、コーヒーは身体にいい!

-健康, 整骨院
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

ふくらはぎもみで高血圧や冷え性対策

ふくらはぎは、心臓と同じように、血液を体内に循環させるとても重要な役割を担っています。 ふくらはぎには、筋肉線維と並行してたくさんの血管が通っています。 そして歩いたり走ったりすることで、ふくらはぎの …

鼻づまりのメカニズム

鼻がつまるって一体鼻の中ではなにが起きているんでしょうか。 まず、鼻水は アレルギー反応によって鼻の中にある異物を洗い流そうとするために出るものです。 しかし、その鼻水は液状なのでつまりはしません。 …

あくび体操とは

ストレスを受けると、自律神経の交感神経が刺激されます。 その結果、血管が収縮して血圧が高くなり、心臓の筋肉の収縮力が強まり、負担が大きくなるのです。 大きく呼吸をすれば、副交感神経が働きます。 すると …

健康について考える

僕が身体の勉強を始めてから常々思っていることがあります。 それは、健康とは人間の本能に従う事なんじゃないかということ。 欲望に反して努力して健康を手に入れようとしている人がいますが、果たしてどれくらい …

低血圧の人は朝が弱い理由

はじめに、低血圧の人は朝が弱いという科学的な根拠はありません。 え?そうなの?(;゚Д゚) でも、なんとなくわかる気もしますよね? ちなみに僕は、低血圧まではいかないんですが比較的血圧が低い方です。 …