楓整骨院blog

~健康な身体の為に、知識を入れれば意識が変わる~

健康 腰痛

小指の反射区を刺激する腰痛改善メソッド

投稿日:

スマホをいじるのも、パソコン作業も、腕を前に出してうつむき姿勢になります。

これによって人は肩が内旋している「巻き肩」がクセになっています。

そして、この「巻き肩」は姿勢が悪くなり猫背になる、腰痛を引き起こす、呼吸がしづらくなる…など、体の不調を引き起こす原因になるので対策が必須です。

そこで、腰痛を解消するメソッド、小指にテンションをかけて刺激を与えるだけで、腕や肩がふっと軽くなり、肩が開いていき、腰痛改善に効果的なんです。

1.右手の小指を左手の指で引っ掛けてテンションをかける

右手の小指を左手の指で引っ掛けたまま、手を右方向に移動させることでテンションをかけます。

これで小指の反射区に刺激を与えるので、腕から肩にかけての筋肉が緩み、肩がふっと開いていきます。

力を入れる必要はなく、かるーく右に移動させるくらいのテンションのかけ方でOK。

凝り固まっていた腕や肩の筋肉が緩んでいきます。

2.鼻から吸って口から吐く深呼吸をゆっくりのペースで行う

1の状態のまま、鼻から吸って口から吐く深呼吸をゆっくりと約30秒間続けましょう。

反対の左手も同様に行います。

ゆっくりと深呼吸すると、腕と肩の筋肉が緩みやすくなって効果が高まります。

3.小指の反射区改善メソッド4か条】

1.スマホチェック、パソコン作業はうつむき体勢になり「巻き肩」に。
2. 「巻き肩」は猫背になって姿勢が悪化したり、腰痛を引き起こす原因に。
3.不調を生む「巻き肩」はクセにならないように、こまめにケアする対策が必須。
4.小指にテンションをかけて反射区を刺激するこのメソッドなら隙間時間ですぐにできるのでおすすめ。

セルフケアは続けることが大事です。

-健康, 腰痛

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

日本人には日本食がいい

人間とは歴史の積み重ねで出来ています。 つまり、人間の身体は歴史が作り出してきたものです。   この時点でタイトルの日本人には日本食がいいという答えを言ってるようなもんですが、今回は少し遠回りしながら …

ぎっくり腰を長引かせない方法

魔女の一撃といわれる激しい痛みをもたらすぎっくり腰ですが、ぎっくり腰になったら、しばらく安静にするということがこれまでの常識とされてきました。 ところが、複数の研究で、過度の安静は治りを悪くすることが …

腰痛を治すトゥルースリーパー

日本に3000万人いるといわれている腰痛患者。 そのほとんどが治療をしても良くならない慢性の腰痛患者です。 治療をしているのにも関わらず、一体なぜ良くなっていかないのでしょう。   その原因は睡眠にあ …

朝食がみんなにいいわけではない

「天才は1%のひらめきと、99%の汗」 これはトーマス・エジソンの名言です。 トーマス・エジソンはとても優秀な発明家で、トースターを発明したことでも有名です。 このトースター、パンを焼く機械として皆さ …

腰痛を再発しないための正しい知識

目次1.一番怖いのは慣れ2.そもそもなんで腰が痛くなるのか3.腰の痛みを改善するには4.なぜ腰痛は再発するの? 1.一番怖いのは慣れ 日本人の国民病ともいえる腰痛、お悩みの方も多いと思います。 ひとこ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。