楓整骨院blog

~健康な身体の為に、知識を入れれば意識が変わる~

健康

腸を元気にする生活習慣4選

投稿日:

健康の為にしなくてはいけないことは腸内環境を整えることです。

立ち方や歩き方など、腸のために日常生活で心がけたいことを紹介します。

 

1.身体の歪みが腸内環境を悪くする

ひとつは、歪(ゆが)みのない体をつくることです。

骨盤のズレや姿勢の悪さは腸の形が歪んだり、位置が下がったりするだけでなく、血行不良の原因にもなります。

「壁立ち」で歪みを直しましょう。さらに「腸活歩き」をマスターすると血流がアップするとともに、腸も動き出し、快腸への道がひらけます。

もう一つは腸が固まらないように心がけ、お腹の柔軟性を保つことです。

何かしながらでもお腹をひねったり、腹筋を使ったりして、腸を動かすことを習慣にするといいでしょう。

副交感神経の働きを高めることも大切です。

副交感神経にスイッチを切り替えてから眠るために、夜は軽い運動で心身をリセットしたり、心を穏やかに保つことも、腸のためになります。

深呼吸は交感神経の高ぶりを抑え、同時に、横隔膜の動きで結腸を刺激する効果もあります。

簡単にできることを続けて快腸生活を手に入れてください。

 

2.血流をよくする壁立ち

【骨盤が立って姿勢がよくなれば、全身のバランスが整う。】

デスクワークや携帯電話の操作、料理など、現代の生活は下を向くことが多いため、知らず知らずのうちに猫背になりがち。

これが続くと呼吸が浅くなり、血流も滞り、胃腸の働きも落ちてしまいます。

そこで、心がけて姿勢をリセットし、正しい姿勢を取り戻すのが、「壁立ち」です。

普段から自然にこの立ち方ができるようにしたいもの。

腸の健康はもちろん、体全体のバランスが整い、筋肉が正しく使えるようになるので、疲れにくくなるメリットもあります。

足を軽く開き、壁に背中をつけて立つ。

このとき、後頭部、肩甲骨、お尻の3点を壁につける。この状態が正しい姿勢。

 

3.腸活歩き

【ゆっくりと正しく歩き、トータルバランスを整える。】

正しく歩くことは、腸にとって大切なことです。前かがみで歩いていると、気道が狭まって呼吸が浅くなります。

腸も圧迫されて動きが悪くなり、自律神経が乱れ、さらに腸が働かなくなるという悪循環です。

きちんと歩くと、胸腔が広がってたくさんの酸素が取り込め、細胞に行き渡ります。

胸を張って歩けば腹部を圧迫することもなく、足の動きで腸が自然に刺激されます。

正しい歩き方を身に付けることは、体のトータルバランスを整え、健康を保つ近道です。

1.背筋を伸ばし、肩の力を抜く。頭が天とつながっているイメージで顔を上げ、首を伸ばす。足ではなく、へそから前に出すように進む。

2.ゆっくりとした動作で歩く。下を向かずに、大きくゆっくり呼吸をし、手は自然に振る。

 

4.自律神経が整う夜ウォーキング

【副交感神経を優位にする散歩でぐっすり眠る。】

腸によいとわかっていても、運動を習慣にするのは難しいもの。

そんな人にも取り組みやすいのが、夕食の30分後から就寝1時間前までに行う、30分程度のウォーキングです。

夕方以降は、徐々に副交感神経に切り替わります。

夜ゆったりとウォーキングすることで、副交感神経の働きがさらに高まり、横になるとすぐ深く眠れようになるメリットも。

不眠に悩んでいる人は、朝のウォーキングで日光を浴びると体内時計がリセットされ、自律神経のリズムが整い、腸活にもなります。

  1. 背筋を伸ばして、頭の中心が天から吊られているイメージで目線を上げる。ゆったりとした呼吸を保ちながら歩く。

2.早歩きになりすぎないように一定の速度でリズミカルに歩く。頭を空にして昼の緊張をリセット。こまめな水分補給も重要。

 

5.隙間時間でお腹ひねり

【机に向かっているときも腸のこわばりを解消。】

デスクワークなどで長時間机に向かっていると、同じ姿勢で座った状態が続くために、筋肉がこわばってきます。

血流も滞り、コリや腰痛の原因に。

そんなときは、当然、腸も固まっています。

それでも机から離れられない場合は、座ったままできるストレッチをするといいでしょう。

この「お腹ひねり」は、椅子の背もたれを使って体を大きくひねる運動。

筋肉のこわばりがほぐれ、腸に強い刺激が伝わります。

気持ちよく伸びた解放感で、気分もリフレッシュします。

1.座る位置を浅くして、背もたれから背中が離れるようにする。背筋を伸ばし、視線は前へ。

2.左脚を上にして、脚を組む。

3.左手を背もたれにかけて、上半身を左後方へひねる。このとき、左脚が動かないよう右手でひざを押さえる。反対側も同様にする。

-健康

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

朝食がみんなにいいわけではない

「天才は1%のひらめきと、99%の汗」 これはトーマス・エジソンの名言です。 トーマス・エジソンはとても優秀な発明家で、トースターを発明したことでも有名です。 このトースター、パンを焼く機械として皆さ …

本能に従え

今回は、今僕が一番伝えたい内容になっております。 結論は、世の中にあふれる全ての情報は、嘘!かもしれないという事です。 では何を信じればいいのでしょうか。 それは、自分の本能に従う事が一番の正解かもし …

腸を汚す習慣

私たちは知らず知らずのうちに腸を汚す習慣を日々繰り返しているようです。 その意外な習慣とは?   目次1.アダムスキー氏2.健康被害の原因は腸の汚れ3.腸を汚してしまう悪習慣3-1.食事中もずっと「ス …

腸内環境を整えれば、認知症も予防できる

腸と脳は互いに補い合う対等な臓器です。 腸が自律神経を整える驚きの関係と、理想の腸の状態、健腸のメリットを紹介します。 目次1.腸ストレッチの抗加齢効果2.認知症の一因は脳の血流不足。血行がよくなれば …

1日3食はもう古い!医師が勧める食事法

目次1.1日3食の根拠2.1日3食は時代に合わない2-1.1日3食だと内臓が休む暇なく、疲労すること2-2.情報が古く現代にマッチしていない3.まとめ 1.1日3食の根拠 1日3食が体にいいと言われて …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。