楓整骨院blog

~健康な身体の為に、知識を入れれば意識が変わる~

整骨院

足がつる原因を徹底解明

投稿日:2020年4月28日 更新日:

足がつる原因は神経伝達の誤作動です。

筋肉には、筋肉の状態を脳に知らせる機能が存在します。

これは、筋肉が引きちぎられそうなくらい伸びていれば、防御のために収縮しなければなりませんし、

脳からの指示で筋肉の収縮が起きた時、今どのくらいまで縮こまっていますよ、とかを脳に知らせる必要があるからです。

しかし、筋肉が疲労等で縮こまっている状態が長く続くと、

その状態が通常の筋肉の長さだと脳が勘違いして、動作の時に知事困っている状態からさらに収縮をかけてしまいます。

実際はすでに縮こまった状態になっているので神経で誤作動を起こし、異常な筋収縮が起きます。

なので、つった時はゆっくり筋肉を伸ばしてあげるのがいいんですよね。

つらないためには筋肉の状態をしっかり緩んでる状態にしてあげるという事が大事です。

ではなぜ筋肉は縮こまってしまうのでしょうか。

 

目次

1.疲労

疲労すると筋肉では疲労物質というものが溜まります。

その疲労物質が筋肉の繊維の間に挟まって縮こまった状態から解放できなくなっているんです。

そして、筋肉を緩ます為にもエネルギーが必要です。

ばねのように収縮から解放すれば筋肉は元の状態に自然と戻るわけではありません。

疲労が溜まるとエネルギー産生も効率が悪くなり、エネルギー不足で筋弛緩が出来なくなっているんです。

 

1-1 解決方法

ゆっくり湯船に入って血流を良くしてあげると疲労物質は流れていきます。

運動したりストレッチをしたりするのも血流を良くし疲労物質を流してくれます。

 

2.水分不足

水分が不足すると血流が悪くなります。

水分をしっかり取って血流を良くしましょう。

ここからは、乾物理論と勝手に名付けました。

乾物は硬い、すごくシンプルな話です。

同様に水分が少なくなると筋肉も硬くなります。

筋肉が硬くなると足がつる原因になるのは先ほど話しました。

巷で噂のミネラル不足が足がつる原因。

これに関する情報が調べても調べても納得する説明がのっていない(;^ω^)

なので、ボクなりの新解釈。

人間は恒常性という機能を持っています。

これは濃度を一定にするという事です。

簡単に言うと塩を食べれば水を飲みたくなるとういうこと。

人間は体内が濃くなると水分量を増やし、薄くなると水分も減らして体内濃度を一定に保ちます。

ミネラルと言われるナトリウム、マグネシウム、カルシウム等の成分を多く身体に摂ることが出来れば、おのずと水分の摂取量も増え、体内に水分を保持します。

そうすると潤った筋肉は乾物理論から解放されて柔軟性を取り戻し、足がつることを予防できます。

これなら、年齢とともに足がつりやすくなったり、睡眠中に汗で水分不足に陥って足がつるということも説明がつきます。

 

2-1 解決方法

水分をしっかり取って、水分だけだと尿で流れていってしまうので、ミネラルを取って体内に水分を保持していきましょう。

お肌の潤いも得られるかも。

-整骨院

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

筋膜リリースの疑問

目次 1.筋膜リリースとは 筋肉は筋膜という膜で覆われています。 運動不足、歪み、ストレス、疲れ等で筋肉が硬くなり血流が停滞し痛みが発生します。 マッサージやストレッチで筋肉をほぐしてあげれば、筋肉は …

偏頭痛持ちの人は食べ物にも気をつけよう

東洋医学的には春の病の一つである偏頭痛について。 東洋医学では少陽(偏頭痛)というと五臓六腑なら「肝」「胆」「心包」「三焦」が関係します。 なぜ関係するかというと、ざっくり言うと原因が「肝」に関係する …

ラジオ体操最強説

目次 1.予防について 体に異常が出る→病院行く→通院、もしくは薬を処方される→治る というのが一般の流れ。 しかしそもそも一番最初の「体に異常が出る」さえなければ病院に行く労力も、お金も、イヤなお薬 …

初動負荷トレーニングの初動のメリット

目次 1.初動負荷トレーニングとは 神経と筋の協調性や相互作用を高めて、しなやかな動作を獲得するトレーニング。 難しい(;’∀’) つまり、トレーニングの初動だけを小さくいっぱい繰り返すことによって、 …

瞑想の効果とおすすめの理由

現代社会は多くの情報に溢れ、それを手軽に手に入れられる時代になりました。 しかし、基本的な幸せや、生き方はそこまで変わらないようにも思えます。 情報を素早く取り入れ、どんどん駆け上がっていく人もいれば …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。