楓整骨院blog

~健康な身体の為に、知識を入れれば意識が変わる~

病気

CM関節症という症状

投稿日:

1.CM関節症とはどんな病気

母指CM関節症は親指の付け根にある関節の軟骨のすり減りによって生じる疾患です。

50歳前後の方に最も頻繁に発症する変形性関節症の一種とされています。

親指の付け根の関節をCarpometacarpal関節(CM関節)とも呼ぶことから、母指CM関節症と呼んでいます。

 

2.CM関節症の症状とは

主な症状は母指の付け根の痛みです。

何かを握る、つまむ、親指で力を加えるなどの際に痛みが生じます。

具体的な状況としては、

・瓶やペットボトルのふたを開ける・布団を挙げる
・ドアのノブを回す
・ホッチキス,ハサミ
・ボタンをかける
・タオルを絞る
・字を書く
・草むしり

などの際に痛みが生じます。

痛み以外の症状としては、親指つけ根の腫脹、硬さ、こわばり、摘まむ時や握る時の力の弱まり、動かしにくさなどがあります。

また、関節が変形したり、亜脱臼を起こしたり、親指が外に開きにくくなります。

隆起した骨の出っ張りが生じることも一般的です。

 

3.CM関節症の原因

主な原因は加齢やホルモンバランスの変化、関節の変形変化とされています。

また、昔親指に受けた外傷や怪我も母指CM関節症の原因となりえます。

正常の関節では軟骨が骨を覆っており、クッションの役割や滑走性の向上の役割を担っています。

CM関節症ではこの軟骨がすり減っており、骨と骨同士がぶつかり合い、関節へのダメージを与える状態になっています。

このダメージにより骨の新たな増殖(隆起)が生じます。

リスク因子(これらの項目が当てはまる人はCM関節症にかかりやすいです)
・女性
・40歳以上
・肥満
・遺伝(靭帯のゆるみなど)
・過去の外傷(親指周囲の骨折など)
・親指に強い負担のかかるスポーツや労働

 

4.治療法

飲み薬はNSDAIDsと呼ばれるロキソニンなどの消炎鎮痛剤の他、トラマールというような痛み止めが用いられることがあります。

あくまでも痛みを抑えるための対症療法の要素が大きいです。

また、簡単な装具(サポーター)も使用されることがあります。

母指CM関節を休ませること、動作時の正しいポジションを保つこと、痛みを軽減させることなどの作用があります。

注射治療も行われることがあり、比較的長時間効果のあるステロイド製剤が使われることがありますが、痛みがぶり返す可能性もあります。

ひどくなれば手術療法が選択されることもあります。

CM関節を削って関節を固定してしまう方法(関節固定術)、CM関節の靭帯再建術(関節形成術)、人工関節置換術などがあります。

親指に強い力がかかる中年男性には関節固定術、親指がよく動くことを希望する方には関節形成術が行われます。

固定術は、疼痛の改善には優れていますが、関節の可動性は失われ、親指が人差し指にくっつかなくなるため、巧緻性障害(小さいものがつかみにくくなる、洗顔時に水が漏れるなど)が生じる可能性があり、ポケットに手を入れにくくなることもあります。

偽関節(別の部位に関節を形成してしまうこと)も合併症として挙げられます。

関節形成術の場合、関節の可動性は残りますが、強い力はかけにくくなります。

また、術者の技量に左右されるとされます。

人工関節は長期間で成績の良いものがないのが現状です。

習熟した手外科医が行えば合併症率も低く、成績がいいとされますが、実際には術者が慣れた方法を勧められることもある様です。

入院は1週間以内ですが、その後の固定は約3週間程度、その後2ヶ月くらいは親指に強い力を加えない様にします。

痛みと力の改善には約半年ほどかかります。

最近になって、動脈から抗生物質を投与して余計にできた血管を減らす治療が母指CM関節症の痛みや進行防止に効果的であることがわかってきました。

変形性関節症の関節には余計な血管が増えていて、腫れや炎症、痛みの原因になることが知られており、それらの血管を減らすための5分ほどで終わる簡単な治療で、一般的な治療よりも効果があります。

 

5.CM関節症の日々のケア

サポーターなどの装具による治療は疼痛の緩和に有効で、特に経過の短い方は、夜寝るときも含めて2ヶ月はしっかり装着します。

テーピングや包帯による固定も行われますが、関節の矯正力が強くないので、おすすめされない場合もあります。

日々のケアとして、入浴後など血行の良くなった状態で、CM関節の屈曲と伸長を繰り返す関節可動域訓練がおすすめです。

痛みが強ければ、ロキソニンゲルやインドメタシンクリームなどを塗って行うのもおすすめです。

-病気

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

東洋医学的な腱鞘炎

主に手に現れる腱鞘炎という症状。 これは使い過ぎで起こるパターンがほとんどです。 いろんな状況が考えられますが、まず、大前提として使い過ぎていれば筋肉や関節に痛みが出て当然です。 まずは休むこと(使わ …

帯状疱疹に気をつけて!

寝違えを訴えて整骨院に来院される患者さんの中に、稀に帯状疱疹にかかっている方がいらっしゃいます。 症状がかなり類似していて間違えやすいんですが、帯状疱疹は整骨院では治すことが出来ず、患者さんの苦痛は長 …

へバーデン結節をご存知ですか?

目次1.へバーデン結節とは2.主な症状3.原因4.予防5.治療法6.まとめ 1.へバーデン結節とは 手の指の第一関節に痛みが出てしまう症状で、手の甲側に二つのこぶが出来るのが特徴です。 関節の炎症によ …

長引く腰痛は何科?

目次 1.単なるぎっくり腰”と内臓の病気からくる腰痛の見分け方2.整形外科と形成外科3.整形外科でも良くならない時にかかるべき診療科、受けるべき検査4.消化器内科、泌尿器科、循環 …

どこよりもわかりやすい「アトピー」について

世の中にあふれているあらゆる病気について、いまやインターネットで何でも調べれるようになりました。 しかし、そもそもの医療に関する基礎知識がないと書いてある内容が難しすぎて理解できない、ということも多い …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。