楓整骨院blog

~健康な身体の為に、知識を入れれば意識が変わる~

健康

コーヒーを飲むタイミング

投稿日:2020年5月13日 更新日:

朝起きて、まずコーヒーという方も多いと思います。

コーヒーにはメリットが多く、毎日の習慣にすることはとてもいいことです。

しかしその反面、否定派もいてコーヒーのデメリットも言われています。

 

もちろんそこは人それぞれなんですが、コーヒーはメリットの方が多いです。

そんなコーヒーを一番健康に飲むための時間が存在するので紹介していきます。

コーヒーの摂取と摂取時間を習慣化することは健康につながりますよ。

 

1.コーヒーと脳の関係

コーヒーの成分であるカフェイン。

カフェインは覚醒作用があります。

眠気とは身体が疲れた時に分泌されるアデノシンという成分が脳に作用して眠気を引き起こします。

しかしカフェインはアデノシンが脳に作用する前に結合してくれて眠気を抑えてくれるんです。

またカフェインはアドレナリンを構築する作用があり、その効果でドーパミンの吸収を抑制してくれます。

ドーパミンを脳内に長く滞在させれば、幸福感を得られることがわかっています。

結果、カフェインの摂取により覚醒作用と幸福感を得られることができます。

なので、朝のコーヒーは理にかなっている気がしますし、習慣にしている方が多いんだと思います。

でももしかしたら、朝一番よりちょっと時間を遅くしてコーヒーを飲んだ方がいいかもしれません。

 

2.コーヒーを飲むべき時間

結論から言うと、午前10時~12時の間に飲むのが最適です。

コーヒーのメリットは

代謝の向上、糖尿病のリスク低下、うつ病の症状抑制、抗酸化(アンチエイジング)があります。

このメリットを最大限引き出すための時間が午前10時~12時なんです。

これにはストレスホルモンであるコルチゾールの分泌が関係しています。

ストレスホルモンと聞くと身体に悪いものだと感じてしまいますが、分泌しすぎると良くないだけなんです。

1日に3回コルチゾールが適量分泌されることによって、1日の活動リズムを作ってくれていることがわかっています。

問題なのは過剰な分泌。

過剰なストレスがかかるとコルチゾールが分泌しすぎて、活動リズムを崩してしまいます。

このリズムの崩れがうつ病、不眠症、生活習慣病になってしまうんです。

カフェインの摂取はコルチゾールの生成を抑え、分泌量を減らしてくれます。

そのコルチゾールの分泌が高まる時間が午前10時~12時の間にカフェインを摂取してコルチゾールの量を調整することによりカフェインの効果を最大限活用できるということなんです。

 

「銀ブラ」語源の名店コーヒー。今なら限定特典付き

 

3.まとめ

どんなものにも賛否は両論してしまいます。

しかし、コーヒーはデメリットよりメリットの方が科学的根拠や信ぴょう性が高い気がします。

コーヒーを摂取する時間まで習慣化し、うつ病や生活習慣病のリスクを下げていきましょう。

-健康

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

小指の反射区を刺激する腰痛改善メソッド

スマホをいじるのも、パソコン作業も、腕を前に出してうつむき姿勢になります。 これによって人は肩が内旋している「巻き肩」がクセになっています。 そして、この「巻き肩」は姿勢が悪くなり猫背になる、腰痛を引 …

腸内環境を整えれば、認知症も予防できる

腸と脳は互いに補い合う対等な臓器です。 腸が自律神経を整える驚きの関係と、理想の腸の状態、健腸のメリットを紹介します。 目次1.腸ストレッチの抗加齢効果2.認知症の一因は脳の血流不足。血行がよくなれば …

1日3食はもう古い!医師が勧める食事法

目次1.1日3食の根拠2.1日3食は時代に合わない2-1.1日3食だと内臓が休む暇なく、疲労すること2-2.情報が古く現代にマッチしていない3.まとめ 1.1日3食の根拠 1日3食が体にいいと言われて …

ストレス頭痛で鎮痛剤は飲んでいいのか

ストレスは、外からの刺激により、体に負担がかかることで生じます。 また、体に様々な不調を引き起こしますが、その中でも頭痛はよく見られる症状です。 頭痛には、大きく分けて「緊張型頭痛」と「片頭痛」があり …

朝食がみんなにいいわけではない

「天才は1%のひらめきと、99%の汗」 これはトーマス・エジソンの名言です。 トーマス・エジソンはとても優秀な発明家で、トースターを発明したことでも有名です。 このトースター、パンを焼く機械として皆さ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。