楓整骨院blog

~健康な身体の為に、知識を入れれば意識が変わる~

スポーツ 整骨院

視力だって結局は筋肉

投稿日:2020年1月29日 更新日:

みなさん「ゲーム」と聞いて何を思い浮かべますか?

やはり最近はプレイステーション、任天小津switch、任天堂3DS、スマホゲームですよね?

一般論的に広まっている常識として、特に親世代は

「ゲームをすると目が悪くなる」

「ゲームなんかしてないで外で遊びなさい!」

という感じの方が多いですよね。

要はあまり良いイメージは持たれていない方が多いです。

もちろん、ボクも室内で5時間6時間もずっとゲームしてるよりも外でドッヂボールや鬼ごっこをした方が健康だし健全だと分かっています。

ただ、ここで一つ誤解を解いておきたい。

 

1.ゲームをしたこと自体が直接の原因で、視力が低下するわけではありません

それが例えゲームであっても、読書であっても、パソコンであっても、果てはお勉強であっても

ある事が原因で視力は低下しやすくなります。

それは、等距離のものを見続けている、ということです。

目の機能性表示食品「えんきん」

遠くのものを観ようとする時、または近くの物を観ようとする時、無意識に目の筋肉が収縮することで目の中の水晶体を厚くしたり薄くしたりして自動で遠近調節をしてくれます。

目のピント調整するのは結局は目の中の筋肉です。 

   

読書・パソコン仕事・お勉強・スマホ・そしてゲーム・・・・

ずっと等距離の物を見続けているとピントを調整する必要がなく目の中の筋肉も緊張を保ち続けます。

筋肉の血流は滞り、いざ動かす時にピント調節が上手に出来なくなります。

それが視力低下の一因です。

目の機能性表示食品「えんきん」

 

2.対処法

予防としては画面から目を外し、外のなるべく遠くの景色を眺めてみたり、

目の周りをほぐしてみたり、

ホットアイマスクを使ってみたり、

とにかく目線を外すことです。

そうすることで目の筋肉にも血流が戻り視力の低下を防いでくれます。

めぐりズム蒸気でホットアイマスク 無香料 12枚入

もうひとつ、

 

3.まばたきをしないことでの眼球の乾燥も視力低下の一因とされています

コレも上記の行為全てに当てはまります。

仕事も読書もゲームも集中しすぎるとまばたきの回数が減ってしまい眼球の乾燥につながります。

 

3.視力低下の理由まとめ

3-1.等距離の物を長時間見続けることで目の中の筋肉が疲労(眼精疲労)し、硬くなり動きが鈍くなることで遠近調節祈が上手くいかず遠くのもとを観る時にピントが合い辛くなる。

3-2.集中しすぎてまばたきの回数が減り、眼球が乾燥状態になることでの視力低下の懸念。

  

4.予防策

4-1.適度な休憩を入れ、その際は外の遠くの景色などを観ると良い。

4-2.適度なスポーツをする。特に球技がお勧めです。ボールを目で追う行為は無意識に目の筋肉の収縮を弛緩を繰り返してくれるので、目のストレッチ効果あり(#^^#)

以上の考察より、ゲームも視力の低下の「一因」ではありますがゲームをする行為自体に問題があるわけではありません。

原因さえ分かっていれば恐れることなくゲームやパソコン、お勉強が楽しめます♪

めぐりズム蒸気でホットアイマスク 無香料 12枚入

最後に、ここまで話をしておいてアレなのですが。

近年は「ゲーム脳」と呼ばれる傷病も流行ってますので、生活全体で見た時に、ゲームはやらないに越したことは無いと思います。

視力どころか、やり過ぎて脳に影響まで出てしまったら人生終わりですよ・・・

 

-スポーツ, 整骨院
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

キレイな背骨のS字ラインの為に

まず、背骨は緩く湾曲していて横から見るとS字になっています。 このS字が衝撃を吸収してくれるおかげで、身体や脳へのダメージから守ってくれています。 しかし、そのS字の湾曲が大きくなり過ぎることによって …

捻挫が癖になる理由

捻挫は癖になる!と、なんとなくどっかで思っているかと思います。 なぜ癖になるんでしょう? 実は、治療しないからなんです。 歩いてて、躓いた程度の軽い捻挫だと、皆さんわざわざ医療機関に行くまでもないと思 …

リバウンドしないダイエット完全攻略法

※このダイエット方法は流行りの運動や食材に頼ったダイエット方法ではなく、人がなぜ痩せて、なぜ太るのかを科学的に理解し、痩せていく習慣を作る根本のダイエット方法です 皆さんダイエットはどのくらい成功され …

ストレッチ

目次1.ストレッチとは2.ストレッチの役割2-1.体の柔軟性を高める2-2.けがを予防する3.ストレッチのポイント3-1.体のどこが伸びているのか意識する3-2.呼吸は止めない3-3.姿勢や骨盤の向き …

柔軟体操が大事な理由

さて今日は、柔軟体操の話。 ストレッチとほとんど同意義みたいなイメージですが実はちょっと違います。 ストレッチというと、運動の前後に行う軽い筋肉の曲げ伸ばし運動。1種目10~15秒程度で行います。 対 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。